January 2017


神が何を望んでおられるか知りたいなら、
遠慮なく、直接尋ねなさい。

神は喜んで教えてくださいます。

願い求める人には、
神はいつでも惜しみなく、

あふれるばかりの知恵を
授けてくださるからです。


ヤコブの手紙 第1章5節







February 2017


すべての良いもの完全なものは、
光を造られた神様から来るのです。

神様には、わずかの変化もくもりもなく、
いつまでも輝いているのです。


ヤコブの手紙 第1章17節







March 2017


いらだってはいけません。
主を待ち望みなさい。

主は必ず来てくださり、
あなたを救ってくださいます。

勇気を出しなさい。
主を待ち望みなさい。

主はきっとあなたを救ってくださいます。



詩篇 第27章14節







April 2017


そして、
希望は失望に終わることはない。

なぜなら、
わたしたちに賜っている聖霊によって、

神の愛がわたしたちの心に
注がれているからである。


ローマ人への手紙 第5章5節







May 2017


すなわち、

主ご自身が天使のかしらの声と
神のラッパの鳴り響くうちに、

合図の声で、
天から下ってこられる。


テサロニケ人への第一の手紙 第4章16節







June 2017


神を第一とし、
神が望まれるとおりの生活をしなさい。

そうすれば、必要なものは、
神が与えてくださいます。

明日のことを心配するのはやめなさい。

神は明日のことも心にかけてくださるのですから、
一日一日を力いっぱい生きなさい。


マタイの福音書 第6章33節〜34節







July 2017


しかし、
すべて神を信頼する者には、
喜びを与えてください。

神がかばってくださることを知って、
彼らがいつまでも喜びの声を上げますように。

神を愛する人たちを、
幸福にひたらせてください。

神は心から信じる者を祝福されます。

主よ、あなたは愛の盾で彼らを囲まれます。


詩篇 第5章11節〜12節







August 2017


どうか、父なる神が、

その栄光に満ちた無限の富の中から、
御霊を通して人を内面から強くする力を、
あなたがたに与えてくださいますように。

こうしてキリストが、
信じるあなたがたの
心に住んでくださいますように。

そして、神の愛がどれほど広く、どれほど高く、
どれほど深いかを理解することができますように。

さらに、あなたがたが
キリストの愛といのちに満たされますように。


どうか、私たちの祈り、願い、考え、
望みをはるかに超えたすばらしいことを、

その偉大な力でなされる神に、
栄光がありますように。


エペソ人への手紙 第3章16節〜20節







September 2017


子たちよ。
あなたがたは神から出たものであって、
彼らに打ち勝ったのである。

あなたがたのうちにいますのは、
世にある者よりも
大いなる者なのである


ヨハネの第一の手紙 第4章4節



v



October 2017


どうか、望みの神が、
信仰から来るあらゆる喜びと平安とを、
あなたがたに満たし、

聖霊の力によって、
あなたがたを、
望みにあふれさせて下さるように。



ローマ人への手紙 第15章13節







November 2017


主に「感謝します」と言うこと、
神々にまさる神に賛美の歌をささげることは、
なんとすばらしいことでしょう。

朝ごとに、
「恵みを感謝します」と言い、
夜ごとに、神の真実を喜びなさい。

〜こんなにも多くのことをしてくださった主に、
感謝せずにはいられません。

喜びの歌を歌わずにはいられません。

主よ、あなたはなんと
すばらしい奇跡をなさることでしょう。

あなたの御思いの深さには
測りがたいものがあります。



詩篇 第92章1節〜5章







December 2017


主イエス・キリストの父なる神こそ、
すべての賞賛を受けるにふさわしい方です。


私たちは、神の測り知れないあわれみによって、
新しく生まれ変わる特権を与えられ、
神の家族の一員として迎えられたのです。

そればかりか、キリストが死者の中から
復活してくださったことにより、
私たちは永遠のいのちの希望にあふれています。


神はご自分の子どもたちのために、
朽ちることも消えることもない資産を約束してくださいました。

それはあなたがたのために天にたくわえられているのです。


神の超自然的な力によって、
あなたがたはまちがいなく守られ、

やがて来る終わりの日に、
用意されている救いをいただくのです。



ペテロの第一の手紙 第1章3節〜5章


トップページへ次のページへ





BGM by Orgel no Shiro